8月, 2013

衣類の変色を防ぐ

夏に白いシャツを着ていると、まっ白さが快く感じる人もいるのでは。
しかしこの暑い中外に出ていると、脇から汗を出して濡れたようにしている人もいるでしょう。
汗は身体を冷やすための反応ですから、汗をかかないようにするために外ではむずかしいもの、こまめに選択して汗を衣類に残さないことが大切です。

ここで問題となるのがクリーニングです。
ワイシャツを真っ白な状態できるためにドライクリーニングをしている方も多いのでは。

ドライクリーニングで注意しておきたいのは、汗しみです。
実はドライクリーニングでは油分の汚れに対しては強いのですが、汗等の汚れにはあまり対応しきれないことが。

なのでドライクリーニングをして衣類をおいておいたら、汗じみが抜けていなくて変色してしまったということも。

汗じみが気になる場合にはクリーニング店ではウェットクリーニングも話しておくといいかもしれません。

ウェットクリーニングは費用がましますが、変色されるよりはいいでしょう。
それにさらにきになるさいにはシミ抜き等も注文してみるとキレイの取れることでしょう。

 
art-wear-sq-000

 

思い出深い学生服

学生の時の思い出と言えば学生服と答える人も多いのではないでしょうか。
特に制服姿の写真は思い出深く、制服を今も保存して取っといている方も。

男性の学生服と言えば学ランが多いですよね。学ランの学は学生の学で、ランは洋服を蘭服と言っていたことに由来するという説があるそうです。

詰襟の制服は初期のものは官給品で工部省や農学校で利用されていたもので、洋服は開化政策の一部であったといいます。当時は学生服と家な和服に学生帽をかぶるとが主だったそうです。
制服は高く、庶民には手の届かないものであったそう。

現在では制服は一般的となり、学生帽をかぶっている学生・生徒は見ませんが学生帽は制服として重要な役割をしていたのですね。

近年の制服はとてもおしゃれで実用にもたるものが増えてきました。
有名ブランドのデザイナーが制服を手掛けることも少なくありません。

衣類の素材も変化しており、汗を吸いやすく発散しやすい素材、洗いやすくシミに残らない素材、皺になりにくい素材等工夫が凝らされているのです。
活動しやすいデザインに、汚れにくく洗いやすい素材へと変わっているのです。

同じがくらんでも、今と昔では変わっているかもしれません。
見えないところに変化がゆっくりとおとすれているのです。

 
art-wear-sq-000

 

2013年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031