6月はジューンブライド

6月といえば、日本だと梅雨シーズンがまっさきに思い浮かびます。
ですが、結婚したい・結婚を控えている女性にとっては
ジューンブライド、という単語がまず浮かぶかもしれません。

6月に結婚したら幸せになれる、という言い伝えですね。
元々はヨーロッパなどで言われていたもので、諸説色々とあるそうですが。

今回はそんな結婚式にちなんだお話で
婚礼衣装といえば、ということでウェディングドレスの歴史。

記念になるから結婚式を挙げてウェディングドレスを着たいという女性は多いですね。
元々は、ローマ帝国の時代までさかのぼるそうです。
昔は、今のように白だけではなく、青や赤など様々な色のドレスがあったのだとか。
今のように白が普及したのは、ヴィクトリア女王の婚礼で着用された18世紀以降の事。
でも、今でも薄いピンクのドレスなどは目にすることはありますね。

ところで日本でウェディングドレスが普及しだしたのはかなり最近になってから。
ちなみに、1873年に、磯部於平という方が着用したのが最初です。
当時は洋装が今のように普及しておらず、特にドレスなどは輸入だけだったので
きっと注目を集めたのではないでしょうか。
そういった理由で、当時は一部の著名人のみが取り入れてたそうです。

一般に普及しはじめたのは、その後1900年代に入ってからのお話なので
日本での歴史はまだ100年ぐらいしかないということになりますね。

 

art-wear-sq-000

 

コメントは受け付けていません。

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930