清潔感のある服装って何?

男女の話題になると良くネタにあがる「清潔感」。
男女だけに限らず、人間関係においても、このワードが出てくる頻度が高いと思います。
好感度をあげるためには清潔感が大事、清潔感がある人がモテる・・・など。
じゃあこの清潔感っていったい何?というお話。

■皺・汚れはNG
「ちゃんと毎日洗濯しているのに?」なぜかNGの理由。
良く見たら服に皺が寄っていませんか?
また、洗濯前についた落ちないシミの服をそのまま着ている、等。
見落としがちですが、靴に汚れが付いたままも減点理由になるんだそうです。
ほかにも、ボタンが取れかかっている、毛玉がついている等もNG項目。

■ビンテージ、穴あきは逆効果
いくらオシャレだからといってもビンテージものや擦り切れた加工、
穴あき加工がしてあるものはいくら洗濯しても「汚く」見えてしまうんだとか。
せっかくのこだわりのおしゃれなのに、良く見てもらえないと困りますね。
とはいっても、こちらはTPOに合わせた格好をしっかりしていれば問題はないのかもしれません。

■色にこだわってみる
簡単に清潔感を出したいならやっぱり「白」。
また、季節に応じて淡いパステルトーンのもの、青や水色も清潔感を出すのにはぴったりです。
ただし、白やパステルカラーはお手入れが大変なことだけが注意です。

清潔感のある恰好とは、その場に合わせた服装ができていて、
なおかつだらしなくない、というのがあてはまりそうですね。

 
art-wear-sq-000

 

コメントは受け付けていません。

2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031